相続登記を自分でする方法

数次相続とは

祖父の没後、不動産の相続登記がされないまま、その相続者である父母も亡くなるケースはままあると思います。
このように、誰かが亡くなって相続登記を行う(一次相続)前に相続人の誰かが亡くなり、次の相続(二次相続)が発生することを、数次に渡る相続ということで数次相続といいます。

祖父が亡くなって存命な相続者が孫だけであれば、祖父から孫に一気に名義変更したいところです。ところがそうはいかず、通常は祖父から孫への数次に渡る相続登記をさかのぼってすべて行わないといけません。
これは祖父から孫に至る相続の間で、その不動産の相続人が複数になっているかもしれず、また、その複数の相続人からさらに相続が発生しているかもしれないので、きちんとそれぞれの相続の時点の相続者を証明しないといけないからです。

中間相続登記をすべて順にきちんと行えば孫に名義変更できますが、相続登記の回数分の登録免許税が必要となります。

祖父母から孫へ親世代を飛ばして直接名義変更したい場合に、もし数次相続の中間省略登記ができれば、1回の登記で済ますことができます。