相続登記を自分でする方法

印鑑登録証明書の取得

相続登記においては、印鑑登録証明書(以下印鑑証明)は必須書類ではありません。
印鑑証明が必要になるのは、遺産分割協議によって相続を行う場合と、戸籍謄本の附票が必要なケースにおいて戸籍謄本の附票が手に入らない場合です。順にご説明します。

遺産分割協議を行った場合

遺産分割協議では、決定事項を記した遺産分割協議書に法定相続人全員(=遺産分割協議のメンバー全員)の実印と印鑑証明が必要になります。ですから印鑑登録をしていないメンバーがいれば、まず登録をする必要があります。
印鑑証明が必要な理由は、相続人の誰かが自分勝手な相続登記をしないためで、法定相続人全員の実印が押してあり、かつその印鑑証明があることによって、相続人全員の意思と認められます。
印鑑証明の取得は、遺産分割協議書作成までにそれぞれの人に依頼しておくのがスムーズでしょう。

住民票除票、戸籍謄本の附票がない場合

住民票除票または戸籍謄本の附票が必要ケースで手に入らない場合には、法務局に土地の権利証、上申書とともに印鑑証明の提出が必要となります。この場合に何が必要かは、法務局の事前相談でご確認ください。

住所証明情報としても有効

印鑑証明には住所が記載されているので、住所証明情報にもなります。ですから印鑑証明を提出する場合は、その人の住民票は不要です。