相続登記を自分でする方法

不動産譲渡所得税の納税

確定申告書の提出が終わると納税です。これも納税通知書が届くのを待つのではなく、自らアクションを起こさないといけません。納税方法には以下の5種類があります。

このうち、クレジットカード納付のみ納付金額以外に手数料が必要です。手数料は10,000円につき消費税込みで83.6円。つまり0.836%です。でもクレジットカード払いはカード会社により違いがあるもののポイントが付きます。妻が使っている楽天カードはカード利用のポイントが1%付きますので、差し引き0.167%得をすることになります。ポイント還元が0.5%にカードでは損をしますので注意が必要です。
ということで楽天カードで支払いましたが、楽天カードに限らずカード払いには注意点があります。そもそも納付額がカードの支払限度額以下かどうか。納付額自体は支払い限度額以下でも、他のカード利用代金と合算して限度額を超えてしまうとカードが使えなくなりますので、普段使いのカードは注意が必要です。また、当然ですがカード利用代金引き落とし日に口座に残額が不足しないように注意する必要があります。
なお、コンビニ納付は0万円までしか納付できません。
※2021年6月1日から楽天カードの公共料金(納税含む)支払いのポイント還元が100円につき1ポイントから、500円につき1ポイントに減額されます。楽天カードで得をするのは2020年の確定申告の支払いまでです。

クレジットカード納付について

スマホで確定申告をすると、確定申告書を送信した流れで納付もできるようになっているのですが、これがすこぶる分かりにくい。
まずクレジットカード納付の案内に「メッセージボックスはこちら」というリンクがあります。そのリンクをクリックするとメッセージボックスがあると思いきや、e-TAXにログインします。ここでまたマイナンバーカードが必要になります。リグインするとメッセージボックスがあるかというとそうではなく、結論からいうと「送信結果・お知らせ」の中にメッセージボックスがあります。「申請・納税」ではありません。いや、納税クリックするでしょう。というより、メッセージボックスが外に出てないとだめですよね。ここまでの案内では。

さて、メッセージボックスはメールボックスのようになっていて、確定申告書の送付を終えたメッセージが届いています。その中に「納付情報登録依頼」という件名のメッセージがあります。そのメッセージの中に「クレジットカード納付」のリンクボタンがあります。ここまでリンクボタンは緑だったのになぜかこのリンクボタンはグレー。ボタンがアクティブになっていないのかと思いました。メッセージのタイトルもわかりにくいですしね。

ともあれ、そのボタンをクリックするとクレジットカードの支払いサイトに遷移します。支払金額などの情報は引き継がれるようになっていて、支払手数料がいくらかかるのかも決済前にわかるようになっています。あとはもう迷うところはありません(支払いサイトはもう国税庁のサイトではないんですけどね)。

最後に

相続を開始して、相続登記をして、家財を整理して、不動産を売却して、譲渡所得を納税して。昔の人は物を捨てないので、家財の整理だけで週末に半年ぐらい通い詰めました。まだ住民税を払っていませんがここまで3年かかりました。
売れはしましたが長屋なので土地の価値からはかなり低い金額です。とはいえ子供の大学の学費の足しにはなります。おじいさんからのプレゼントだと思ってありがたく使わせてもらいます。それが有効的な使い方だと思うので。