相続登記を自分でする方法

事前相談

不動産の登記申請は、登記をする不動産の所在地を管轄する法務局で行います。各地方法務局にはそれぞれ支局があり、管轄エリアが決まっています。管轄は法務局の「管轄のご案内」から確認できます。
登記申請は郵送でも可能です。でも書類に不備があると、その後のやり取りに不自由しますし時間もかかります。

事前相談について

法務局では無料の事前相談を受け付けています。事前相談では書類の確認もしてもらえますし、不備がなければ申請もその日に可能ですので、法務局に出向く必要はあるものの結果的には効率的と言えます。相続する不動産が遠方でない限りは、所詮素人の申請ですから事前相談で確認してもらった方がいいと思います。かくいう私も事前相談で書類の不備を指摘され、やり直しています。

法務局によって違うかもしれませんが、私が行った支局は電話による予約制でした。空いているのは平日のみです。そのあたりは管轄の法務局のホームページでご確認ください。念のために実印を持って行った方がいいかもしれません。

事前相談では、担当の方に相続関係説明図を見せながら事情を説明し、用意した提出書類を見せていきます。

準備万端のつもりだったのですが、この場合は上申書がないとだめと言われ敢え無く撃沈。正直なところちょっとショックでそれから1か月ぐらい放置していました。
住民票,住民票除票の取得で書きましたが、上申書を提出する理由が相続人のせいではないので納得できなかったこともあります。決まり事なので窓口の人に言ってもどうしようもないですけど)