相続登記を自分でする方法

中間省略登記とは

数次相続において、中間の相続が1人の相続であれば、その中間の相続登記を省略できるというルールがあります。これを中間省略登記といいます。中間の相続1人であれば、相続の流れは途中では変わらないのでこれが可能になります。

左図は今回の相続の例ですが、法定相続では祖父Aが亡くなってから孫の代に相続が完了するのに4回の相続登記が必要です。
それを祖父Aから母C(一次相続)へ単独相続し、そこからF(二次相続)へ相続することになりました。これによって相続は2回になり、さらに中間省略登記ができるので登記を1回で済ませることができます。

中間省略登記の方法

中間省略登記のためには、中間の相続が単独相続であった証明が必要です。そのため、中間の相続が単独である遺産分割協議書を作成して提出します。
今回の例では、祖父Aの相続の際に母Cが単独で相続する遺産分割協議書を作成します。これで祖母B、父Dはこの相続から関係なくなります。
遺産分割協議書には法定相続人全員の署名捺印が必要ですが、一次相続の法定相続人である祖母B、母C、父Dはすでに亡くなっていますので署名捺印ができません。その場合、亡くなった相続人の相続人が遺産分割の権利も相続していますので、EとFが相続人の相続人として署名捺印すれば大丈夫です。