相続登記を自分でする方法

法定相続人の確認

相続する不動産の確認は終わりました。次は法定相続人の確認です。

どういう相続をするかに関わらず、被相続人(亡くなった人)の相続権を持っている人がどれだけいるのかを、現在も過去も含めてすべて証明する必要があります。最終的にそのうちの一人だけが相続するとしても、法定相続人すべての同意が必要です。
三世代に渡る相続となると関係者が多く、この確認が最大の山場で、最も時間がかかる作業となります。

法定相続人は、亡くなった人、その配偶者、子供と、相続に関係するすべての人の戸籍謄本を見れば確認できます。この戸籍謄本は相続登記の際にも必要となりますので取得必須です。具体的な取得手順は戸籍謄本の取得をご確認ください。
必要なのは被相続人と法定相続人全員(亡くなった人も含めて)の戸籍謄本です。こう書くと人数分取るだけで大したことはなさそうですが、戸籍謄本は1人1通ではありません。そこが手間なのですが、以下追ってご説明します。

なお、戸籍謄本は現在では戸籍全部事項証明書というのが正式名称です。謄本とは原本のコピーという意味ですが、現在はコピーではなくデータベースからの出力なので呼び名が変わったそうです。とはいえ、現在の役所でも戸籍謄本で通じます。

相続人が必要な戸籍謄本

まずは説明が簡単な生存している相続人から。

相続人は、被相続人との関係を証明できればOKです。代襲相続であれば、直前の相続人との関係がわかれば大丈夫です。
今回の事例(左図)でいうと、生存している相続人EとFは父母CとD(ともに死去)とのつながりがわかればOKです。両親とのつながりはE,Fの現在の戸籍謄本に記載されていますので、本籍地で普通に戸籍謄本を請求するだけです。

被相続人、亡くなっている法定相続権人が必要な戸籍謄本

亡くなっている法定相続権人(上図ではB,C,D)は代襲相続においては被相続人でもありますので、被相続人と必要になる戸籍謄本の種類は同じです。

被相続人は、その相続権を持つ人がどれだけいるかを証明しないといけません。それには被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍謄本を集めて、戸籍上のつながりを洗い出す必要があります。
えっ?戸籍謄本にはそれが書かれているのが当たり前じゃないの?と思いますよね。戸籍は結婚したときなどに新たに作られたり、戸籍法の改正で新しい書式に書き換えられたりします。その書き換えの際に「死亡」「離婚」「転籍」などで除籍になっている人は転記が省略されます。例えば先妻との間に子がいて、離婚の際に戸籍から出て行った場合(除籍)、次の戸籍の書き換えの際に先妻とその子の記載は戸籍からなくなります。つまり今の家族は、最新の戸籍謄本を見ただけでは前の家族に気付けません。もちろん、記載がなくなるだけで法的な親子関係がなくなるわけではありません。
このように現在の戸籍謄本ではすべてのつながりはわからないので、書き換え前のものを含めた出生から死亡までのすべての戸籍謄本が必要となります。

上図の事例にはありませんが、祖父母に他の子(E,Fからみた叔父叔母)がいれば、祖父母の相続人ですのでその戸籍謄本が必要ですし、その叔父叔母が亡くなっていれば代襲相続の可能性がありますので、その叔父叔母は出生から死亡までの戸籍謄本が必要となります。叔父叔母に子がいれば、子(いとこですね)の戸籍謄本も必要になります。

聞いていたことと本当の親戚構成が違うかもしれませんし、他に付き合いのない相続人がいるかもしれません。実際に今回のケースでも、相続に関係しないと思っていた父に相続権がある(祖父母と養子縁組をしていた)ことが戸籍謄本によってわかりました。